ウィメンズカウンセリング松山 スタッフブログ

wcm050401.exblog.jp
ブログトップ

自助グループの効能⑭


さらに…『違和感や葛藤や弱さを引き受け、内的成長をもたらしていくような信頼関係とコミュニケーションの輪をいかに成立させていけるのかが、真に強く豊かな社会への試金石なのである。』と この文化人類学者は書いてありました。

信頼関係!

このことだけ!安全な場と信頼関係!

これを目指したい!

Mさんと二人で、 マニュアルの項目の最後には すべて
『信頼関係をつくるために!』をつけることにしました。

これが大事だ!私の持論…安全な場など何処にもない!
自分たちで作っていくしかないのです! bin


ウィメンズカウンセリング松山

☎  089-934-6486

MAIL wcm050401@yahoo.co.jp


[PR]
# by wcm050401 | 2017-11-21 11:48 | フェミニストカウンセリング

自助グループの効能⑬

そこには ご丁寧に『セルフヘルプグループとサポートグループ実施ガイド』を書かれた 臨床心理士の高松里さんの言葉まで引用されていたのです。

私たち!ラッキー!いっぱいのお言葉をいただいてマニュアルを作ったのです。

上田紀行氏は…今後もこうした形の コミュニティーは増えていくであろう…と書いてありました。

私は…これからは自助グループの時代だ!と感じました。やっぱりこれだ!と確信したのです。

『苦悩』や『違和感』で孤立するのではなく、そのことをきっかけに仲間を発見し、力と自信をつけていくことです!

私たちのマニュアルにあるこの言葉は、上田先生の言葉をキッチリいただきました。bin

ウィメンズカウンセリング松山

☎  089-934-6486

MAIL wcm050401@yahoo.co.jp


[PR]
# by wcm050401 | 2017-11-18 21:44 | フェミニストカウンセリング

ウイメンズカウンセリング松山では今年も下記の通りグループトレーニング「自分らしく生きる」を開催します。

「妻だから、母だから、女だから」ということで自分の気持ちを置き去りにしていませんか?

自己尊重、自己主張トレーニング、RCなどの要素を取り入れた女性のためのグループワークを通してじっくりと自分自身に向き合ってみませんか?

日 時:第1回 平成3017日(日)10時~12

    第2回 平成30121日(日)10時~12

    第3回 平成3024日(日)10時~12

    第4回 平成30218日(日)10時~12

会 場:ウイメンズカウンセリング松山

    松山市三番町5丁目3-8 フレッシュリーブス504

定 員:8名(最少催行人数 4名)

受講料:10,000

申込み:1220日までに氏名、連絡先を以下までご連絡ください。


電 話:089-934-6486

携 帯:090-2825-7703(川井) 

メールアドレス:wcm050401@yahoo.co.jp

以上


[PR]
# by wcm050401 | 2017-11-14 23:00 | 講座

母との日数?

もうすぐ93歳を迎える母の様子が、とみに変化している。

6月末に、前にいた介護付き老人ホームから新しい介護付き老人ホームへ引っ越し、初めはスタッフもよくしてくれるし、仲良しの方もできて、ルンルンであった。

何でも自分で決めて、覚えていることもしっかりして、15年ほど前にギランバレー症候群を患い、少しの後遺症があるものの、この5月までひとりで飛行機に乗り、兵庫の兄宅に行っていた。

それが、この夏2回ほど転んだり、足が腫れて病院通いをした頃からか、最近徐々に身体も頭も衰えが見え始めている。

今までが92歳で立派なものだったとは思うが、あまり元気だったので、これがずっと続くような気になっていた。母にも「100歳まで大丈夫よ!」とよく言っていた。

先日のテレビ番組で、まだ40代のタレントの方が「あなたが親といることのできる日数は10何日間ですよ。」と言われて、驚いていた。

なるほど、同居でない親と会うのが年に23日とすると、平均余命を考えるとそうなると解説があったのだ。

残された母との日数はどれぐらい・・・?



近くに居ながら、何でも本人ができると思っていたときは手伝うこともなかったが、昨日は衣類の入れ替えを手伝った。

昔の人なので、「まだ着れる。」と捨てることができないので、あるわあるわ、衣装持ちである。派手になってもう着れないので、「これいいわ。私が着るわ。」と持って帰る自分は、似たもの親子である。

今、母の最晩年に一緒に過ごすことができることは、嬉しいことである。

夫の母の最晩年も、施設にいたとは言え、一緒に過ごし、「親の最後の役割は、最晩年の生きざまを見せることだ。」と思えるほど、ありがたかった。

二人の母の生きざまを見せてもらって、最近よく自分の晩年の生き方を考えるようになった。そのためにはまず、今後10年間、20年間の生き方を考えたい。その向こうによき晩年がありますように。

(はなこちゃん)




  ウィメンズカウンセリング松山

  ☎  089-934-6486

  Mail wcm050401@yahoo.co.jp



[PR]
# by wcm050401 | 2017-11-11 17:22 | 暮らし

自助グループの効能⑫

自助グループを始めてすぐに、 一緒にグループを始めたMさんは自助グループのマニュアルを勉強して来てくれました。

ほう~そんなものがあったのか!と私は驚いて 二人で自分たちのマニュアルを作ることにしました。

資料を集めていた時… 夫の枕元に上田紀行著「生きる意味」という岩波新書があるのを見かけました。

上田先生は愛媛大学に三年ほど居られて、テレビなどにも出られていたので興味を持って開いてみました。

驚きました!ページをめくっていくと終わりに近い章に「セルフヘルプ・グループ」とあるではありませんか!自助グループのこと~!なんでまた!そんなに都合よく飛び込んでくるのだ!
bin

ウィメンズカウンセリング松山

☎  089-934-6486

MAIL wcm050401@yahoo.co.jp

[PR]
# by wcm050401 | 2017-11-07 23:47 | フェミニストカウンセリング

自助グループの効能⑪

やりたい者がやり やりたくない者はやらない。

やりたい者は やりたくない者を強制しない。

やりたくない者は やりたい者の足を引っ張らない。

上記は フェミニストカウンセリング学会の三原則である。

私は前思春期から 自分のしたいこと したくないこと を自覚しながら生きてきたように思う。

その生き方は 原家族には面倒で頑固な子ども!として受け入れてもらい、同級生の男子からは…後に娘から聞くところによると…
お前の母ちゃん変わっとった!の一言で片付けらた。

そんな自分だったので、この学会の三原則は私がウイメンズカウンセリング松山に参加する必須の条件であった。

こんな素敵な三原則!

やりたくないことは やりたくないから やらない!

ところが…13年もウイメンズをやって64歳にもなったら やりたくなかったことが
何だったのかも忘れたようで 、やって来ることに あまり抵抗もしないで乗っている自分がいるのです。

まあ~いいか! bin…

ウィメンズカウンセリング松山

☎  089-934-6486

MAIL wcm050401@yahoo.co.jp




[PR]
# by wcm050401 | 2017-11-01 20:27

自助グループの効能⑩

前述の触手療法の福増廣幸先生が私に言われた言葉的確に判断できる人…とは…

その頃の私の中では、子どもたちを 孤立させてはいけない!

怒りを自分に向けても 他人に向けても そんなことだけはさせてはいけない!

そしておもい病気にさせてしまうようなことにも…

そんなことになれば 私…私自身が立ち上がれない!
だから 今、今できることをする!
私のために!
どこまでいっても私!私!の私でした。

孤立無援は無力感になり 生きていく力を奪う!
こんな想いにだけはさせてはいけない…と…

こんなことが福増先生の言われた的確かな…
と今も思っています。bin

ウィメンズカウンセリング松山

☎  089-934-6486

MAIL wcm050401@yahoo.co.jp


[PR]
# by wcm050401 | 2017-10-28 10:20 | フェミニストカウンセリング
本日の日曜講座「私ってもしかしたら発達障害系?」ですが、台風の警報が出たので、29日に10時に延期します。
延期の決断が遅くて申し訳ありません。

29日には、雨も風も吹きませんように!

[PR]
# by wcm050401 | 2017-10-22 08:58 | お知らせ
またまた、ひどい勘違いをしてました。
今月の日曜講座は29日と思い込んでいた私です。うわー、ごめんなさい。ほんとは22日です。
「29日です」って何人かの方にご案内したかもしれません。
第4日曜日の10時からとご存知の方は良いのですが、先月新しく来てくださった方々に、間違った日付を伝えたのではないかと心配です。
22日ですのでくれぐれもお間違え無く!

今月は、「私って発達障害系?」というテーマで話し合います。
前回、前々回、パートナーや彼の、コミュニケーションのとれなさ、会話の不成立、感情の爆発、パニック時の攻撃等々について体験を語りながら、振り返れば舅姑にもあった同じような問題は自身の両親にもあったこと、その連鎖の中で子どもたちもまた苦しんでいることが見えてきました。
家族の物語を書いてみたいという声もありました。

今回は自分自身に焦点あてつつ、それぞれが抱えるコミュニケーションの難しさ等々から読み解く、家族の物語をさらに紡いでいきたいと思います。(ふくら雀)



ウィメンズカウンセリング松山

☎  089-934-6486

MAIL wcm050401@yahoo.co.jp



.


[PR]
# by wcm050401 | 2017-10-20 12:33 | お知らせ

自助グループの効能⑨

英国式リフレクソロジー

なぜ英国式リフレクソロジーだと思ったのか…

それは 息子が不登校になって三年くらい経った頃、 縁あって 福増廣幸先生と出合いました。

先生は東洋医学を解明したくて医者になり、心臓外科医をやめて「触手療法」をされておりました。

毎週子ども達と自分の施術を先生にしてもらうために通い始めたのです。

行き始めて三回目の、私の背中を施術中の先生が…「普段はボーとしとるんじゃが…何かあったら的確に対応できる人よなあ~」と突然言われました。
「はあ?」と言うと…
「あんたのことよ!」と言うのです。
「はあ~」と言いながら

あっ!これでいいんだ!私のこの感覚でいいんだ!
この人が自分のことを全面的に肯定してくれたのだ!と思いました。

自信も日常も崩れ去り、ただただ目の前に起こることのみに対応する自分。
これでいいのだ!

福増先生はその後一年経った春に他界されました。

福増先生のされていた触手療法につながる施術が、私の中では英国式リフレクソロジーであり 今の自分にできる唯一の技術だと思ったのです。bin

ウィメンズカウンセリング松山

☎  089-934-6486

MAIL wcm050401@yahoo.co.jp



[PR]
# by wcm050401 | 2017-10-12 21:25 | フェミニストカウンセリング
今日は、「シングルマザー交流会松山」や、「まつやま子ども食堂清水店」の運営に中心になって活動している先輩からのメッセージです。
…………………………………………………………………………………

女性のためのカウンセリング講座を受講して
                              野中玲子

「わたしのためのフェミニストカウンセリング講座」に2年間参加しました。
その頃の私は、小さな2人の子どもがいて、しかし、夫との離婚が常に頭の中にありました。

精神的にいっぱいいっぱいになっていた私は、摂食障害に片足を突っ込み、夜な夜な、布団の中でこっそりとリストカットをしては生きていることを確かめ、なんとか翌朝目覚める日々を過ごしていました。

 誰にもバレていないつもりでいましたが、一度はおさまっていた子どもの夜泣きが再開したことをはじめ、子どもの心の不安定を感じて、私が安定していないからだと自分を責めては・・・という悪循環で、悪夢のような日々でした。

そんななかで、何年も前から目にし、耳にしていた「女性(わたし)のためのカウンセリング講座」に申し込んでみる気になったのは、必然であったと、今にして思います。

1年目の受講では、「もう一度、夫との関係を回復できるヒントをもらったのかもしれない。がんばってみよう」。2年目の受講で、「がんばることをやめたい。私が幸せで笑っていなければ、子どもたちが苦しいだけだ。それは私の苦しみに直結している」と思うに至りました。

この2年間で学んだことは、ここでは書ききれませんが、私が私の視点で学んだことは、「察しあうことはできない」「がんばらないことで自分を取り戻せる」こと、そして、ACや母娘の苦しみの連鎖を断ち切るのは「私」しかないこと、決断は、誰でもない「私」ができること、今では当たり前に思えることが、当時はそうではなかったのです。そのことに気付けたこと、それが私にとっては小さいながらも大きな大きな道しるべでした。
 その後離婚し、11年が経ちます。そして今、私は心から幸せだと思える日々を送っています。忙しいですし、経済的にはまったく余裕はありません。それでも、私が私らしく、誰にも遠慮せず、誰の顔色にも振り回されることもなく、たまには人の役に立つ幸せを感じながらの毎日を過ごせています。

………………………………………………………………………………………
*野中さんは、自分のフェイスブックでも、「女性のためのカウンセリング講座」の受講を薦める投稿をしてくださってます。
…………………………………………………………………………………
「生きづらさを抱えている人にはお勧めの講座です(ФωФ)
「女性(わたし)のためのカウンセリング講座」。...

私も10年以上前に2年連続で受講しました。
あの2年がなければ、
今の私はいないだろうと確信しています。

ほんとにほんとに苦しかったあの頃。
どうしてこんなにもしんどいのか、
苦しいのか、生きづらいのか、
そこを解き明かす作業の過程で、
いろんなものが見えてくる。
つらい作業もあったけれど、
ここで学んだことは、今も私の根幹で私を支えています。

妻の役割、母の役割、娘の役割・・・
なんでこんなにしんどいんだろう・・・
という方、受講してみませんか。
きっと、5年後、10年後、
いろんなことを笑い話に替え、
心から幸せだと思える日々が待っていると思います。

1回目は10月14日(土)です。
それ以降も、途中からでも受講可能だそうですが、
できればぜひ1回目から。」


*「第18回女性ののためのカウンセリング講座」の募集要項については、以下をクリックください。
 http://www.ne.jp/asahi/women/matsuyama/course1002.html 




ウィメンズカウンセリング松山

☎  089-934-6486

MAIL wcm050401@yahoo.co.jp


.




[PR]
# by wcm050401 | 2017-10-08 20:00 | 講座
「女性(わたし)のためのカウンセリング講座」の卒業生の中には、女性や子ども支援の現場で活動している方たくさんいらっしゃいます。一昨日に続いて卒業生からのメッセージをお届けします。
…………………………………………………………………………………………………………………


FC講座の卒業生として

                       コスモスの会 岡田敦子

 元夫がギャンブル依存症であると自分自身が認めた頃、家族会の仲間にウイメンズカウンセリング松山のスタッフを紹介され、家族会の発足に協力をしてもらいました。家族会発足をきっかけに「女性(わたし)のためのカウンセリング講座」講座を知りました。

 ギャンブル依存症という病気を知るまで、20年以上、家のこと・子供のこと・借金の返済・仕事と自分ひとりが頑張ってしている感があり、何回もうそをつく夫に失望し、内に秘めた怒りを持ちながら、生活をしていました。

 やっと自分自身がどうにもならない状態になり、人に助けを求めることができるようになった頃FC講座を受け始めました。講座では、自分を好きになること、どんな自分でもきちんと受け止めてくれる、自分の話を話し、聞いてくれるところでした。内に秘めていた怒り、自己否定感、人を信用できないこころを話すこと、聞くことで少しずつ少しずつ解きほぐしていきました。

 講座の中で、自分も気づいていなかった自分自身の思いや考え方のくせを知りました。小さい頃から「いい子ちゃん」でしたので、「いや」「だめ」が言えない、自分のことは後回しにしてもお世話に没頭する自分がだんだん自分自身をしんどくしていたこと、争わなくても「いやです」「できません」と言えることを学びました。

 また、自己否定感は強いのですが、自分の思い通りにならないことは自分が否定されているように感じる自分がいたことは、衝撃でした。傲慢そのものです。

 講座の中で、1回だけ公開カンセリングを講師にしてもらいました。その時、一緒にギャンブル依存症に苦しんできた義母にもっと楽になってほしいという思いから、義母に講座を受けてほしいと思うが同意が得られないことをつらいと話しました。先生からは、それは本人が選ぶことで受けるか受けないか、楽になるかならないか、話すか話さないかはあなたが選ぶことではない、本人さんの選ぶこととお話がありました。
 そこから人がどうのこうのと悩まず、私がとても楽になったのを鮮明に覚えています。
先日講師とお話しする機会があり、「FC講座で1回だけカウンセリングしたね。内容は覚えていないけど。」と。私は覚えていますよ・・・

 コスモスの会(ギャンブル依存症の家族会)にとって、自分自身を知り、これからを楽に過ごすことができるヒント、素敵な言葉を沢山いただけるところとして、ずっと講座を継続してほしい気持ちをこめてメッセージを送ります。

……………………………………………………………………………………………………………
*「コスモスの会」は、ギャンブル依存症の家族会です。「ウィメンズカウンセリング松山」開設と同じころに発足しました。本日10月8日は、12周年記念の会が、13時30分から松山市男女共同参画センタ―コムズで開催されます。
*「第18回女性ののためのカウンセリング講座」の募集要項については、以下をクリックください。
 http://www.ne.jp/asahi/women/matsuyama/course1002.html 

ウィメンズカウンセリング松山

☎  089-934-6486

MAIL wcm050401@yahoo.co.jp




[PR]
# by wcm050401 | 2017-10-08 00:05 | 講座

あなたの悩みに向き合う時間を、きちんと生活の中に作りだしてみませんか? そこからすべての変化が始まります。 ウィメンズカウンセリング松山は、女性のためのスペースです 。様々な問題を抱えて悩んでいるあなたを、カウンセリング・講座・グループワークなどでサポートします。お気軽にご相談ください。


by wcm050401