ウイメンズカウンセリング松山  WCM staff blog

wcm050401.exblog.jp
ブログトップ
摂食障害ってどんな病気ですか?

日本摂食障害協会 主催の勉強会があります。

2017年7月8日13時~16時

松山市教育研修センター3階 大会議室

松山市文京町2のⅠ

どなたでも参加できます

定員Ⅰ20名 参加費無料

申込み 7月3日(月)締め切り

問合せ先…一般社団法人 日本摂食障害協会
ホームページをご覧ください
[PR]
# by wcm050401 | 2017-06-23 00:17 | お知らせ

シカゴ便り


昨年結婚した娘の出産の手伝いで6月9日からシカゴに来ています。
妊娠の知らせを受けた時、「お母さんもシカゴに来る?」と聞かれて即座に「行く!」と答えました。
結婚生活をアメリカで始めるにあたり娘の友人は日本からお母さんに手伝いに来てもらわずに過ごしたそうなので、自分でもそのようにしようと思ったようですが、いざ妊娠してみると手伝いに来てもらっている人も多いようで私に応援を頼んできました。
一か月くらいのつもりだったのですが、ほぼ3か月滞在し、娘と孫の世話をすることと、帰りには娘と孫を日本に連れて帰る役目も担うことになりました。十分お役目が果たせるでしょうか?

考えてみると私がこうして3か月もこちらに来られるのは私が夫と別居中であることや、正社員として働いていないことが功を奏したようです。
自分の行動は自分で決めるということをウイメンズの活動を通して学んできたので、この時ほど現在の私の立場を嬉しく思ったことはありません。また考えてみると私は環境が変わることにあまり抵抗がない、むしろ引っ越し好きのところがあることを思い出しました。

この年(介護保険適用)でアメリカに3か月滞在するとなるとみなさんとても心配してくださって、送別会や壮行会を開いてくださいました。ウイメンズの仲間にも急なお知らせにも関わらず、今治で壮行会を開いていただき本当に嬉しく感謝しています。
私自身が考えているよりも他の人の方が心配してくださって、久しぶりに出発前にお話ししたいと言って会いに来てくださる方もあったりで、一区切りをつける時だったのかとも思い、私らしくもなく、こちらからもご挨拶に伺ったりして、日本を後にしました。

友人や家族と海外旅行をしたことはあっても一人で旅行するのは初めての経験です。うまく搭乗手続きができるかとか、トランプさんに変わってから一段と厳しくなったと聞いている入国審査をうまく通過できるかとか心配なことが多かった初日でしたが、なんとかスムーズに切り抜けることができました。これは今年に入って付け焼刃ではあったのですが、週2回英会話の先生に教えていただいたおかげです。特に入国審査についての質問への対応について丁寧に御指導いただいたので、すんなり通過できました。

翌日は午前中、自宅の近くの緑豊かで芝生の手入れが行き届き、池を中心に広がる住宅地を1時間近くかけて散歩しました。途中でリスや小鳥、鴨の親子に出会いました。午後からはシカゴのダウンタウンに行きました。古いヨーロッパ調の建物と最新式の近代的な建物が入り交じり、いたるところにピカソなどの著名な芸術家の建造物が立ち並ぶ素敵な街並みに感動しました。夜8時から始まるシカゴオーケストラの演奏会では座ったとたんに眠っていたよと娘に言われてしまいました。素敵な演奏や、歌声もしっかり聞いてはいたのですが・・時差ぼけには勝てません。

時差ぼけのせいで3日目の今日も娘たちが両親学級に参加のため家を留守にした間、昼寝をしてしまい現地時間の午後10時、日本時間の午後0時20分ごろですが、今全く眠くないので、このブログを書いています。またこんな感じでお産事情や、文化、環境など気が付いたことをお届けできたらと思っています。 
(うさぎ)




.
[PR]
# by wcm050401 | 2017-06-12 22:06

修学院離宮2

d0148801_22550710.jpg40年来の夢であった「修学院離宮(しゅがくいんりきゅう)」に行ってきた。

修学院離宮は、17世紀中頃に後水尾上皇が造営された山荘である。

宮内庁管轄であり、「桂離宮」「仙洞御所」と共に「修学院離宮」の参観は、完全予約制であったが、昨年8月より当日受付でも参観できることになった。それまでは、3か月前より予約が始まるが、あっという間に受付可能人数は0となり、なかなか予約ができなかった。ところが、ふと参観案内を見ると、連休後の1週間は空いているではないか。すぐにインターネットで予約をするが、なかなか取れず、3回目にやっと予約することができた。長年の夢がかなう!

いよいよ待ちに待った当日、ラッキーなことに昨日までの雨が上がり晴天となった。

9時からの参観であったので、30分前には総表門に到着。当日受付は午後の参観のみなので、すでに待っている方は予約の方のみ。遠くから来ている方も多かった。大学のゼミの教授と学生さんらしい方も大勢いる。参観許可通知書と身分証明書を見せて入場。待合所でビデオ鑑賞後、いよいよ参観に出発!



ここでちょっと長くなるが、中学3年国語教科書から「庭の余韻」の文章を抜粋して載せるので、この素敵な文章を味わってほしい。



小じゃりを敷いた白い小道。

足音がさくさくと砂にきしむ。あたりには木々が茂り、静かな気配の中に、自分の足音が、さわやかに響く。

わが足音は、幼い時の思い出のごとく、なつかしくよみがえってくる。この離宮の庭では、足音は歩行の楽しい伴侶となる。若やいだ足音、年老いた足音、男女の足音、そのようなさまざまの足音が、小じゃりにきしみながら、今も、この離宮を、「下の茶屋」から「中の茶屋」を経て「上の茶屋」へと進んでいくのである。

「修学院離宮」を音楽にたとえるなら、このような「庭の足音」こそ、その作庭の第一主題だといいたい。それほど、いつもこの庭の観賞には、足音が余韻を引いて、耳の奥に残るのを感ずる。

小じゃりを敷いた白い道は、美しい曲線を描きながら、門をくぐり、ゆるやかに傾斜を登って行く。

緑の林中には小亭があり、その前には砂庭があって、庭石が配されている。足音はそこでたたずみ、あたりをながめ、また足音を響かせながら、庭の奥に吸い込まれて行く。

(中略)

このように、離宮の拝観者は、順路と園路に沿い、坂を登り、丘を越え、橋を渡り、池をめぐる時、自分の足音を伴侶としながら、各種の水の音に迎えられ、庭の美しさに包まれている自己を感ずる。

(中略)

だから、足音が「修学院山荘」の作庭にこもる第一主題であるなら、この庭の要所要所に、流水の音を響かせている水音は、その第二主題であるといってよかろう。第一主題の「足音」によってよみがえる自己は、第二主題の「水音」によって自我の静かな周辺を認識する。「足音」は身を健やかにし、「水音」は心を洗ってくれる。(谷口吉郎著)

 

1回の参観人数は50名で、宮内庁の方がマイクで説明をしてくださる。3kmの距離を1時間10分で説明しながら回るので、駆け足になってしまうのは仕方のないことか。

目にまぶしいほどの新緑の木々や苔などを見ながら、写真を撮りながら遅れ気味に最後尾からついて行く。どうしても目からの情報を受け取ることに精いっぱいで、先の文章のように「足音や水音を感じながら」というわけにはいかなかったのが、残念である。それでも新緑の一番いい時期に参観できたことがありがたかった。あの景色もこの景色も素敵で、周りの田園風景に溶け込んだ三つの茶屋やそれを結ぶ松並木の道、雄大な景色の中に身を置くことができ、心身共に癒された時間であった。あっという間の1時間10分、終わってしまった。総表門から出て、すぐに思った。「季節を変えてまた何回も来よう!」と。

ところで、「修学院離宮」の本当の読み方は「しゅがくいん」なのか「しゅうがくいん」なのか。ネットでも議論があるようである。宮内庁の方は「しゅうがくいん」に統一されていたが、私の中では、やはり「しゅがくいん」である。これは昔「修学院(しゅがくいん)」というお寺があり、それがこの地域の地名となり、地名としては「しゅうがくいん」と呼ばれている。宮内庁では、離宮の読み方を地名と同じにしたようである。 (はなこちゃん)



d0148801_23320027.jpg


[PR]
# by wcm050401 | 2017-06-07 00:06

孫との同居

この4月から孫娘との同居が始まった。同居は2度目。
一度目は、娘の離婚を機に孫が小学3年から約3年間を共に過ごし
た。そして今回、他市の高校を卒業して松山の専門学校に通学する
ことになっての同居である。孫いわく「自活するためのお金をバイ
トで貯める間の2年間だけ」の期間限定の同居。
ただ、事前に打診されたものの同意までには時間がかかった。
それは、前回の同居の際、共依存まっただ中だった私は娘に辛い思
いをさせた苦い経験があったからだ。孫に娘と同じ思いをさせたく
ないとの思いから最初は断っていた。自分に自信がなかったのだ。
しかし、FC講座「女性のためのカウンセリング講座」や、
午後の「経験者コース」を受講していて、少しずつ気持ちに変化が
起きてきた。教材の本や関連の書籍などで学んでいて、幾つかの言
葉と先生の言葉が度々頭に浮かぶようになった。
「誰の課題ですか?」「起きることは起きる」「ただそれだけ」
「思考を止める」「思考を流す」「観照者になる」etc...。そして、
ふと気づいた。「今まで学んだことを実践する時が来たのだ」と。
同居して1カ月半。時折、口出ししてしまうと即ダメ出しを貰う。
無意識に口に出した言葉で怒りを買うこともある。「課題の分離」
と、頭では理解していたつもりだが実践の難しさを感じる日々。同
時に自分自身の言動と感情に気づく機会でもある。
「なるようになる!」。意識を持つことに努めながら、気負わず
に日々を過ごしたいと思っている。
(赤とんぼ)

[PR]
# by wcm050401 | 2017-05-17 22:30
その方法はしごく簡単。少し息が上がるくらい身体を動かすことだ。
また、身体の動きを自分で感じる(意識する)こともいい・・・息を吸ったり吐いたりとか。
ただ長い間ゴミが散らかり放題になっていてそれが普通になっていたら、
その方法をしばらく経験すると「あれ?なんか変、かな?」と感じることもある。
いいのかな?こんなんで・・・という具合に。
ときどき空っぽになっているような気もする。

取り去りたいゴミだと思っていたものが無くならない場合、
それは実はゴミではなく、自分に必要な課題だったりする。

ちなみに今は、30分あればまあまあ片付くかなという程度の散らかりようがちょうどいい。
(ふろしき)



[PR]
# by wcm050401 | 2017-05-08 18:46

マイブーム


子どもの頃から漬物嫌いな私ですが、5.6年まえからピクルスづくりにはまっています。

今は新玉ねぎとオイルサ‐デンのピクルスです。私はとてもアバウトな人間なので、レシピというものが存在しません。

目分量ですがそれでも美味しくできるのが良い所です。

新玉ねぎの柔らかさとオイルサーデンの柔らかさが相まってとっても美味しい一品です。

新玉ねぎの季節になるとタッパーに新玉ねぎをスライスし、その上からオイルサーデンの缶詰を一缶あけて入れます。その上にまたスライスした新玉ねぎを加え、この上から簡単酢やラッキョウ酢(以前は酢と砂糖、塩などを調合していたのですが、この頃は簡単酢を利用しています。)などを入れ、あればレモンを上に乗せたりします。お好みで甘くしたり、薄くしたり、酸っぱくしてくださいね。

しばらく置くともう食べれますし、一週間は十分美味しく食べられますので、この頃の我が家の冷蔵庫には常備菜としていつも入っています。

朝のサラダのドレッシングとしても重宝していますし、カツオのたたきの上からかけていただくととても美味しいし、栄養満点ですよ。

今はやりのオメガ3も摂れるので、ぜひ試しくださいませ。


[PR]
# by wcm050401 | 2017-04-26 14:29

 何年か前より、50年前に中学校の国語の教科書で習った「修学院離宮」についての文章が気になっていた。あのエッセーをまた読みたいという思いがどんどん大きくなっていった。

 内容は、修学院離宮に足を踏み入れると、砂利を踏む足音が聞こえ、それが進んでいくというようなことが書かれていて、修学院離宮の様子がありありと目に浮かび、行ってみたいなあという思いが湧いてきたことを覚えている。

 友だちにその話をすると、二人の友だちが同じようにそのエッセーが印象に残っており、探していることが分かった。ひとりの友だちは東京の国会図書館まで探しに行ったとのことであるが、見つけられず。

 私もインターネットで、そのエッセーを探してみるが、全くヒットせず。それならと通販で「修学院離宮」という題の古書を買ってみた。届いた古書は昭和28年と31年に書かれたものであったが、残念ながらどちらも違っていた。

それから1年以上たったこの4月に、「そうだ。教科書販売所で聞いてみよう!」とふと思った。すぐに電話をすると「昔の教科書は、愛媛県教育センターか愛媛大学の図書館にありますよ。」との朗報が。即、教育センターに「昭和41年から44年に使われていた中学校の国語の教科書を見せていただきたいのですが・・・。」と電話をすると見せてもらえるとのことで、友だちと一緒に探しに行った。2時間も探しただろうか、確かそのエッセーには修学院離宮の風景の写真が載せられていたはずだが、勘違いということもあるので、丁寧に内容を見ていった。しかし、残念ながらその中にはなかった。

それでは、教科書の出版社が分かればと思い、新居浜(出身地)の教育委員会に問い合わせをした。そこでは、「教科書の保存期間は10年間なので、分からない。」とのこと。しかし、「東京に『国立教育政策研究所教育図書館』があるので、そこには教科書が置いてあります。」と教えていただいた。これは東京に調べに行くしかないなあと思ったが、駄目もとで、まずは愛媛大学に調べに行くことにした。

愛媛大学では司書の方が書庫から昭和41年から44年までに使われていた教科書をすべて出してくださった。24冊ぐらいあっただろうか。やはり自分の記憶を信じて修学院離宮の写真を探していった。・・・・あった~~~~!図書館の中なのにあやうく声を出しそうになってしまった。最後の最後に見た『教育出版の3年生の教科書』に載っていた。何か身体が震えるような嬉しさが込み上げてきた。やっとやっと見つかった~!

ここはコピーもさせてくれるのでありがたい。司書の方に事情を話していたので、返却するときに「見つかってよかったですね。」と声をかけられ、またうれしかった。

さて、帰ってまずは友だちに「見つかったよ~。」とメールをする。共感してもらうと喜びは倍になる。それからゆっくり文章を読む。「そうなんだ。こういう表現だったんだ。」

著者は建築家『谷口吉郎』さんであった。とても有名な方で、東宮御所や千鳥ヶ淵戦没者墓苑、沖縄戦没者慰霊碑などの設計をされている。私たちが魅了された文章は、『修学院離宮』という本からの抜粋で、『庭の余韻』の『序曲 庭の足音と水音』であった。谷口さんは庭園研究者でもあったとのことで、だからこんな素敵な文章を書かれたのだと納得。

後日、『修学院離宮』(谷口吉郎著)の古書をAmazonで買った。普及版と元の版の両方を手に入れた。元の版は限定4000冊の豪華本である。この2冊では写真や文章が少し異なるし、教科書とこの2冊の本とも少し異なった箇所がある。これから少しずつ読んでいくのが楽しみである。

5月の初めに念願であった『本物の修学院離宮』の参観に行く予定である。そのお話はまた今度。                      はなこちゃん


[PR]
# by wcm050401 | 2017-04-19 22:48

英会話

 先月何気に新聞を読んでいて、両面見開きの全面広告が目に留まった。
それは、英会話学習機。

 昔から英語は苦手だった。学生時代も憶えることが面倒くさくて、先生から「お前、単語ぐらい憶えてこい!」と怒られていた。だから、今も街中などで外国の人があちらから歩いてくると、話しかけられないように目をそらす。

 それにしても、実際に外国の人たちを目にすることが増えたと実感する。今年に入り、私用や85歳の父のお供で、東京はもとより群馬県の草津温泉、長野県の湯田中温泉でも多数の外国人観光客を見かけた。

 これまでの英語のできなさ加減のひどさに、我ながら危機感を覚え、何とかしなければと漠然と思っていた。テレビ・ラジオで流れている「聞き流すだけで英語がわかるようになる」お試しテープに申し込もうと何度か思ったこともある。しかし、どうせ続かないだろうと電話するのをやめた。

 そんな中での冒頭の英会話学習機。これなら続くかもと淡い期待を抱き、パソコンで値段を比べて注文!新製品で、しかも私と同様に広告につられて注文した人が多かったのか、数週間待ちで手元に届いた。

 さぞかしバリバリ英語に励んでいると思いきや、まだ取扱説明書の途中でストップ状態。説明書の字の小ささを言い訳にせず、そろそろ本題に進まなければと思う春の日である。
いつになることやら。

(あまのじゃく)
[PR]
# by wcm050401 | 2017-04-17 16:40

4月 日曜講座のご案内

日曜講座のご案内

4月23日(日)10時~12時

日曜講座 自助グループの作り方を体験する…を開催します

初めての方 以前参加された方 今自助グループに来られている方 今日集まったメンバーが今日の出逢い!

そんな今日の時間を体験しませんか…

お待ちしております
[PR]
# by wcm050401 | 2017-04-16 22:10

春が来ましたね

 そこここで景色が色づき始めました。うちにいるとウグイスをはじめ可愛い小鳥のさえずりが賑やかに聞こえてきます。ああ、しかし・・・
 もうすぐ17歳になる我が家の猫が突然姿を消して明日でちょうど1カ月。近辺は探して回りました。変わり果てた姿を見つけることになるかもしれないと覚悟しながら、バスタオルを二枚抱えて歩き回りました。猫のたまり場的なところもあるので、名前を呼びながら探しました。どこかのやさしいおばあさんとおじいさんのうちで、ぬくぬくとコタツに入っているかもしれないとも思いました。
 いなくなったのはとても寒い日、そしてその翌日は寒さの上に雨が降っていました。怪我をして歩けなくなって隠れていたとしても、これでは凍え死んでしまうと心配でした。ひょっこり帰ってくるかもしれない、そう思いながらひと月が過ぎました。
 もうこの家には帰ってこない、そのことをそろそろきちんと受け止めようかと思って、仏壇に手を合わせました。もうすぐ父の17回忌なんですが、父がはじめて育てた猫で(それまで仕事と自分のことしかやったことがなかった)十ヶ月たらずでしたが大事に大事にして、可愛くてたまらない様子でした。病気もせず狩も上手、家と外を自由に出入りし、17歳がこようとする老齢にもかかわらず時折疾走したり遊んだりする子どもっぽさもありました。私の車の音を知っているので帰ったときはお出迎え、外出時間が長いときはちょっと文句気味のニャアニャアとともに足元にまつわりついてきたものです。
 さよなら、まろん
d0148801_14474135.jpg

[PR]
# by wcm050401 | 2017-03-20 14:50
 3月26日、今月の日曜講座は「パートナーと大人の発達障害」です。

前回は、9月に「成人した娘・息子と大人の発達障害」についてでした。
子どものことを話していたら、自分自身とパートナーの発達障害を語らずには進めず、自分たちのことを振り返って話していると、どうしても二組の祖父母の発達障害ゆえのコミュニケーションの断絶や、ずれや、分かり合えなさに行きつかざるを得ませんでした。
 発達障害という視点から家族の歴史を見直すと、分かり合えなさの連鎖が見えてきました。
AC(アダルトチルドレン)と言ってきた家族の負の連鎖は、親たちの発達障害ゆえに引き起こされたのではないか、という気付きがありました。

 今回は、「パートナーと大人の発達障害」なので、「カサンドラ症候群」に悩んでこられた体験など語り合えたらと思います。参加お待ちしています。





.
[PR]
# by wcm050401 | 2017-03-20 01:39 | お知らせ

自己尊重講座を終えて

1月29日に開催されたコムズフェスティバル分科会でウイメンズカウンセリング松山は「自分を好きになる講座~自分に自信がないあなたのための自己尊重トレーニング~」を開催しました。この自己尊重トレーニングは性差別的文化の中で、女性が自分より他者を優先し、その結果自分の感情や思考を摩滅させていくことを改善するために作られたものです。

ウイメンズカウンセリング松山ではこのトレーニングを最も基本となる大切なトレーニングとして、日曜講座やグループワークで度々行ってきました。

今回は定員20名のところ、3名多い23名が参加してくださいました。そのうち20代、30代、40代の方が半数以上でした。私が生きにくさを感じて勉強を始めたのは40代以降でしたので、現代がいかに若い女性にとって生き難い、厳しい時代となっているのかを感じさせられました。

いつも通り自己尊重スケール(SET)を基にそれぞれのグループで話し合っていただきました。自分の内面をみつめることは、そのような習慣がない人には分かり難いことだと思いますが、みなさんそれぞれに気づきをえられたようです。最後に二人組になってそれぞれの良い所を紹介してもらうことになった時、「向かい合わせの人のお話を聞いて良い所を見つけ誉めてあげてください。そして良い所をお互いに発表してください。」と伝えると、それまでグループで和気あいあいとお話をしていた人たちが一斉に挟んだテーブルから身を乗り出しました。お互いの話に耳を傾け、一言も聞き漏らさないぞという姿勢です。一人一人の気持ちの変化から身体の動きに代わり、それが大きな波のようになって私に伝わってきました。参加されたお一人お一人の心の中にも同じような変化があったようです。

発表するときのみなさんの晴れ晴れとした表情が印象的でした。

講座を終えて一人でも多くの生き難さを抱えた女性にこの自己尊重トレーニングに出会ってもらいたいと言う思いが強くなりました。来年またウイメンズのグループワークとして開催する予定です。皆様のご参加をお待ちしています。  うさぎ


[PR]
# by wcm050401 | 2017-03-12 19:06

WCMは女性のためのサポートスペースです


by wcm050401