ウィメンズカウンセリング松山 スタッフブログ

wcm050401.exblog.jp
ブログトップ

2017年 08月 04日 ( 1 )

シカゴ便り その2

早いものでシカゴに来て2か月になろうとしています。

6月28日に娘が出産し、30日に退院して以来、私の生活は朝4時半に起床し1時間ヨガで体調を整え、その後娘家族の食事や弁当の準備をし、掃除、洗濯の家事をし、昼食、夕食の準備、後片付けをし、夜8時半から9時には自室に帰り10時頃には就寝するという生活です。

こちらは日の入りが遅く9時ごろまで明るいので、3月から11月までサマータイムが導入されています。そのため、娘の連れ合いの出勤時間も朝7時頃になるため朝早くから準備が必要になります。

松山にいた時の生活とは全く違った専業主婦の生活を久しぶりに経験して、その大変さとともに、料理の楽しさを少し味わっています。

今回は病院やお産の日米の違いなどをお知らせしたいと思います。

アメリカの保険制度については色々取り上げられていますよね。

まず病院へ行って驚いたのはその静かなこと。病院はとても豪華で待合室の椅子は全て布の肘掛

椅子です。すべて予約制のせいか人であふれているということはありません。呼び出されて処置

室にはいると看護師や医師がやってきて患者がそこから移動することはありません。処置が終わ

ると、会計や薬を受け取るために待合室で待つ必要がないため人の流れがスムーズです。

入院中の食事もメニューの中から自分が食べたいものをいくらでも好きな時に注文でき、その時

から45分以内に病室に運ばれてきます。授乳前に注文すると終わった頃運ばれてくるようにな

っています。

医師も護師もとても親切丁寧で対応は申し分ないのですが、保険に入っているからこの恩恵

を受けることができるのです。娘は無痛分娩の予定で入院したのですが、麻酔の効きが悪く、2

4時間たっても子宮口が9センチまでしか開かないため急きょ帝王切開になりました。

アメリカでは普通分娩では2日で退院と聞いていたので、帝王切開の場合はどうなるのかと心配

していたのですが、1日だけ追加入院できるとのことでした。しかし、驚くことにアメリカでは

入院費は1日100万円とのことでした。あの豪華な肘掛椅子も、病院の設備もサービスもこの

100万円があるからかと納得してしまいました。日本のように5日から一週間も入院すること

はとてもできないのだとわかりました。そういうわけで娘は3日目の30日に退院しました。

アメリカでは退院前に小児科の医師が病室を訪問し、赤ちゃんを診察してくれます。また退院後

一週間以内に小児科を受診するようになっています。退院の前日に沐浴指導があったのですが、

日本のように湯船につからせるのではなく、シャワーでした。また沐浴は毎日ではなく週に2回

くらいで良いとのことでした。毎日沐浴すると、皮膚の保護膜を流してしまうのでよくないとの

ことでした。

退院の2日後にシカゴで活動している日本人の助産婦さんに授乳指導に来てもらうことにしま

した。病院でも丁寧に授乳指導をしてもらってはいるのですが、まだまだ慣れないことが多く不

安なこともあるので、娘がネットで調べていた三宅さんという助産師さんに連絡をとりました。

日曜日にも関わらずシカゴ市内から40分かけて来てくださいました。

とても気さくで、丁寧に娘の疑問や質問に答えてくださり、娘や婿ともどもみんなで安心しまし

た。(三宅さんも日本とシカゴでは気候がちがうので、赤ちゃんの動きが活発になるまではあま

り沐浴させないようにとのことでした。ご自身も3人のお子さんのお母さんで2人目と3人目を

シカゴで出産されています。2人目は日本と同じように毎日沐浴させたところ、肌荒れになった

ので、3人目は沐浴を控えて大丈夫だったとのことでした。)

思えば入院から退院までみんなほとんど睡眠をとっていない状況でしたし、退院後も慣れない育

児で、全員心身ともにストレスが溜まっていた時でした。私も持病の歯槽膿漏のため上の歯茎の

状態が最悪になったり、いつも腹痛などないのに腹痛に襲われたりしました。アメリカで病院に

かかるのはしんどいなと思っていたのですが、三宅さんとお話しすることで、本当にスーッと緊

張張が解けていくのを実感しました。最悪だった歯茎の状況もその日から回復しましたし、腹痛

も無くなりました。

身内だけで困っているときに、適切なアドバイスをしてくださる第3者が家の中に来てくださっ

たことで、家の中にさわやかな風が通りぬけていった感じがしました。

三宅さんが来てくださったことで、娘夫婦の育児の不安や娘の授乳にたいする不安がなくなった

ことはもちろんですが、私も三宅さんから多くのものを学ばせていただきました。

カウンセリングの現場ではいつも安心感の大切さをお話ししているのですが、今回は不安や緊張

によってもたらされた体調不良が、安心することでこんなにも即効で回復するという事を身を持

って体験するという機会となりました。

それから1か月経過し、なんとか母子ともに健やかに過ごしています。これからもなるべく緊張

や不安のないようあと1か月を過ごしたいと思っています。

                                      うさぎ

ウィメンズカウンセリング松山

☎  089-934-6486

Mail wcm050401@yahoo.co.jp


[PR]
by wcm050401 | 2017-08-04 20:53

あなたの悩みに向き合う時間を、きちんと生活の中に作りだしてみませんか? そこからすべての変化が始まります。 ウィメンズカウンセリング松山は、女性のためのスペースです 。様々な問題を抱えて悩んでいるあなたを、カウンセリング・講座・グループワークなどでサポートします。お気軽にご相談ください。


by wcm050401