ウィメンズカウンセリング松山 スタッフブログ

wcm050401.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:お知らせ( 34 )

コムズフェスティバル市民企画分科会②を書いてから2か月もたってしまいました。

申し訳ありません。

実は、内容の変更はないのですが、企画名が変更になりました。

当日は、グループに分かれてCRを体験していただきます。

次のような内容ですので、皆さま、参加のほどよろしくお願いいたします。




第19回 コムズフェスティバル 市民企画分科会6

                わたし
女性の生き方と自己実現
~CR(意識覚醒)を体験してみよう~

本当の自分らしさって何?

自分の気持ちに丁寧に向き合えば、気づきや発見に出会えます169.png



女性として生きていくことに         

息苦しさや不自由さを感じたことはないでしょうか? 178.png


「女らしさ」の社会規範は、私たちの意識の隅々にまで行き渡っています。


優しくない、気が利かないと言われ、傷つく女性たち。


相手がどう感じているかを察知し、


それに合わせた行動や関わり方をするよう求められ、


そしてその評価もまた他者に委ねられているのです。168.png


この他者からの規定は、行動だけではなく感情そのものにまで及んでいます。


他者に規定される女性のありようは、


自分の感情や情緒さえもつかみ難くさせています。


しっかりと自分自身を感じ取り、肯定していくことが必要なのです。


自分の気持ちに丁寧に向き合うとは、感情を十分感じることと同義です。


それは、自分自身の感情や欲求について語ることから始まります。


CR(Consciousness Raising=意識覚醒)は、


安心・安全な場所で語り合いながら、


それらに気づき、問い直し、変えていこうとする試みなのです。 173.png




実施日時や申し込み方法等は、以下のようになっています。


時:平成30127日(土)13001500


場 所:松山市男女共同参画推進センター(コムズ) 3階 会議室2


対 象:女性(定員30名)


参加費:無料


申し込み方法:はがきまたは電話、FAX、メールで、


郵便番号・住所②氏名③電話番号④イベント番号6を


記入してお送りください。


申し込み先:〒7900003 松山市三番町6丁目420


コムズフェスティバル係


TEL 089-943-5777 FAX 089-943-0460


e-mail event@coms.or.jp



たくさんのご参加をお待ちしています。179.png  (はなこちゃん)





ウィメンズカウンセリング松山


☎  089-934-6486


MAIL wcm050401@yahoo.co.jp




[PR]
by wcm050401 | 2017-12-15 22:29 | お知らせ
本日の日曜講座「私ってもしかしたら発達障害系?」ですが、台風の警報が出たので、29日に10時に延期します。
延期の決断が遅くて申し訳ありません。

29日には、雨も風も吹きませんように!

[PR]
by wcm050401 | 2017-10-22 08:58 | お知らせ
またまた、ひどい勘違いをしてました。
今月の日曜講座は29日と思い込んでいた私です。うわー、ごめんなさい。ほんとは22日です。
「29日です」って何人かの方にご案内したかもしれません。
第4日曜日の10時からとご存知の方は良いのですが、先月新しく来てくださった方々に、間違った日付を伝えたのではないかと心配です。
22日ですのでくれぐれもお間違え無く!

今月は、「私って発達障害系?」というテーマで話し合います。
前回、前々回、パートナーや彼の、コミュニケーションのとれなさ、会話の不成立、感情の爆発、パニック時の攻撃等々について体験を語りながら、振り返れば舅姑にもあった同じような問題は自身の両親にもあったこと、その連鎖の中で子どもたちもまた苦しんでいることが見えてきました。
家族の物語を書いてみたいという声もありました。

今回は自分自身に焦点あてつつ、それぞれが抱えるコミュニケーションの難しさ等々から読み解く、家族の物語をさらに紡いでいきたいと思います。(ふくら雀)



ウィメンズカウンセリング松山

☎  089-934-6486

MAIL wcm050401@yahoo.co.jp



.


[PR]
by wcm050401 | 2017-10-20 12:33 | お知らせ
摂食障害ってどんな病気ですか?

日本摂食障害協会 主催の勉強会があります。

2017年7月8日13時~16時

松山市教育研修センター3階 大会議室

松山市文京町2のⅠ

どなたでも参加できます

定員Ⅰ20名 参加費無料

申込み 7月3日(月)締め切り

問合せ先…一般社団法人 日本摂食障害協会
ホームページをご覧ください
[PR]
by wcm050401 | 2017-06-23 00:17 | お知らせ
 3月26日、今月の日曜講座は「パートナーと大人の発達障害」です。

前回は、9月に「成人した娘・息子と大人の発達障害」についてでした。
子どものことを話していたら、自分自身とパートナーの発達障害を語らずには進めず、自分たちのことを振り返って話していると、どうしても二組の祖父母の発達障害ゆえのコミュニケーションの断絶や、ずれや、分かり合えなさに行きつかざるを得ませんでした。
 発達障害という視点から家族の歴史を見直すと、分かり合えなさの連鎖が見えてきました。
AC(アダルトチルドレン)と言ってきた家族の負の連鎖は、親たちの発達障害ゆえに引き起こされたのではないか、という気付きがありました。

 今回は、「パートナーと大人の発達障害」なので、「カサンドラ症候群」に悩んでこられた体験など語り合えたらと思います。参加お待ちしています。





.
[PR]
by wcm050401 | 2017-03-20 01:39 | お知らせ
ウィメンズカウンセリング松山をご支援いただいている皆さまへ

猛暑が続く中、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
2000年に始まりました「女性(わたし)のためのカウンセリング講座」は、皆さまのご支援をいただきながらこの7月、16年目を無事終了することができました。

 これまでこの講座を受講していただいた多くの女性たちは、それぞれご自身の人生において、ここでの学びや体験を糧に新たな一歩を踏み出されました。「自分自身のために、自分を見つめる時間をつくる」ことが、初めての体験だった人も少なくありません。それまで経験したことのない新たなアプローチによって大きな変化を得た、あるいは安心できる仲間や場所を見つけることができたという方々が多くいらっしゃることは、「やってよかった」という思いと「続けて行こう」という意気込みにつながり、私たちの活動の基盤となっています。

 私たちは「自分らしく生きること」をテーマにいくつかの事業を行っていますが、現在のウィメンズカウンセリング松山が存在するのは、この講座があったからこそで、それは私たちの根幹を成すものであり、できる限り多くの女性たちに体験していただきたいと考えています。特に、様々な生きがたさに悩み、自信が持てず、自分を好きになれない、自分を大切にできない、心に穴が開いたように感じている、頑張りすぎる、対人関係が苦手といった悩みを抱えている女性たちには、ぜひとも受講していただきたいと願います。

 グループワーク形式のこの講座は、他の人の体験をきくことにより、一人では気づけなかった新たな気づきにも出会えます。人間関係(母娘関係など親との関係、パートナーとの関係、子どもとの関係、職場での関係、地域での関係、共依存など)、自分の性格、行動(嗜癖や依存症)、適性(仕事、将来)など、メンバーの体験は様々なものです。皆さまのまわりにも、生きることに悩み苦しんでいる女性がいらっしゃるのではないでしょうか。ぜひ「女性(わたし)のためのカウンセリング講座」をご紹介いただきますようお願いいたします。

 女性差別が根強く残るこの地方ではありますが、女性たちがいきいきと「その人らしく」生きることができる社会へ一歩でも近づけますように、これからも「ウィメンズカウンセリング松山」の活動にご支援をよろしくお願いいたします。

ウィメンズカウンセリング松山スタッフ一同
2016年8月吉日

詳細はこちらのページから
受講生の感想もご覧ください




       
[PR]
by wcm050401 | 2016-08-13 17:00 | お知らせ
 12月8日には春日キスヨ先生の「これからどうする"私"の介護~大介護時代を生き抜く力~」に、多くの方が参加していただいてありがとうございました。

5月には、また春日氏キスヨ先生にレクチャーをお願いしました。

   「女性の貧困と支援者役割ー多問題を抱える母子家庭の苦境をどう理解するか」
   
講師に高齢者介護と家族をテーマにフィールドワークを重ねてこられた
春日キスヨ先生をお迎えし、変わってきた家族の現状と、家族の変化と
共に深刻化している女性の貧困について具体的なデータをもとに考えます。

パートⅠ「現状」
パートⅡ「貧困の連鎖ー事例」 
パートⅢ「相手を支援するとは、相手をどう理解するか」

日 程:5月21日(土)
時 間:10:00~12:00
参加費:1000円
会 場:松山市男女共同参画推進センターコムズ会議室3
申し込み:電話(089-934-6486)  メール wcm050401@yahoo.co.jp
FAX(089-921-7552)                               
              
女性支援にかかわっている方もそうでない方も、早めにお申し込みください。




.
[PR]
by wcm050401 | 2016-05-02 01:59 | お知らせ
 一昨年まで松山大学大学院で家族社会学を担当されていた春日キスヨ先生には、「ウィメンズカウンセリング松山」でも、「女性と家族」の連続講座等を担当していただき大変お世話になりました。

久しぶりに、春日キスヨ先生が松山に来て、介護問題について語ってくださいます。

女性は介護というと、する側としてばかり考えていて、自らが介護される立場になった時のことはほとんど考えていないのではないでしょうか?

女性の方が長寿とされていますが、75歳を過ぎると女性は病気になったり認知症になったりする率が男性より高いこと、ご存知ですか?

団塊世代が75歳以上となる「大介護時代」は目の前に迫っています。
あなたは、迫りくる大介護時代をどう生き抜くか考えたことがありますか。
ぜひ12月6日の講演会に参加してください。一緒に考えてみましょう。




.
[PR]
by wcm050401 | 2015-11-26 10:47 | お知らせ
5月にあった、「高齢社会をよくする女性の会・広島」10周年記念のシンポジウム「どうする どうなる “私”の介護」は、樋口恵子、春日キスヨ、上野千鶴子三人の論客が集うというので、松山から十数人が広島まで駆けつけました。

御三方のおひとり春日キスヨ先生には、来週日曜日に松山に来ていただいて、「これからどうする私の介護ー大介護時代を生き抜く力」と題して講演していただきます。松山大学を退官されて、久々の愛媛県でお話が聞ける絶好のチャンスです。
ぜひ、聞きに来てくださいね。

上野千鶴子さんはその次の次の週、12月20日にまた広島に来られるそうです。
2015年被爆70年ジェンダーフォーラムin広島」が12月19・20日に広島市留学生会館 で開かれます。
20日の文科会(4)フェミニズムと民族・国家・戦争―ヒロシマという視座の可能性ーにコメンテーターとして参加されるそうです。今回は上野さんの話は30分と短いようですが、この文科会がおすすめの充実した内容のようです。

詳しくはパンフレット( http://hirojoken.sakura.ne.jp/genderforum_0930.pdf )を見てください。



.
[PR]
by wcm050401 | 2015-11-24 18:22 | お知らせ
最近知ったので、予定があって行けませんが、お近くの方ぜひ!

d0148801_1733890.jpg

[PR]
by wcm050401 | 2015-08-26 17:04 | お知らせ

あなたの悩みに向き合う時間を、きちんと生活の中に作りだしてみませんか? そこからすべての変化が始まります。 ウィメンズカウンセリング松山は、女性のためのスペースです 。様々な問題を抱えて悩んでいるあなたを、カウンセリング・講座・グループワークなどでサポートします。お気軽にご相談ください。


by wcm050401